Today's image index 2018
 11/05 常滑レポートとの13年
kitakinki-komonjo.com
修理
金沢CBA商品開発講座 
居なくなるということ 
 2018 FIFA W-CUP
追悼 宮坂 SAVOIR VIVRE  オーナー
秋の個展へ 
お絵描き 
セクハラ
ヨーコさんの❝言葉❞ 
博士課程前期修了
修士論文完成
修士論文執筆中  
謹賀新年


  Today's image index 2017
2017年を振り返って 
第8回 がっせぇアート展
「椀と碗・その景色」 
カズオ・イシグロ
長谷川泰子
 第三回金沢卯辰山工芸工房実践講座
 修士論文中間発表
アートへの関心 
「がっせぇアート」
地域資源とはⅡ
地域資源とは 
第二回金沢卯辰山工芸工房実践講座 
蓬莱紋合鹿椀
豪雪
新年


  Today's image index 2016
金沢卯辰山工芸工房実践講座 
額田の祭
合宿
茶堂お大師祭
 とと姉ちゃん
flat化する工芸 
地元の漆 
新しい恋愛観
新学期
近況
地域の記憶
彫りと漆 
仕事始め 
元旦


Home index 

essay +column+
2009 --2018
Today's image index



top 
2006年より、13年以上の長きにわたって投稿いただいて来た春鳶堂こと中野晴久氏の「常滑レポート」ですが、この十月をもっていったん終了し、舞台を「kitakinki-komonjo.com」に移して頂くことになりました。あっという間の13年間でしたが、上↑の画像をご覧いただいてもお分かりの様に、常滑という日本六古窯の一つである歴史ある地場産地の凋落を通して伝統工芸の「今」を語って頂きました。

始めは厳しい注文を投げ「小学生でも分かる文体でお願いします!」という”縛り‟で始まりましたが、素直に応じて下さり、軽妙なタッチで軽めの日常を切り取って頂いたとhttp://urushi-art.net/の管理者としては深く感謝する次第です。
この間、中野氏も常滑民俗資料館長を定年で退官なさり、専門の考古学を大学の方で講義するという生活にシフトなさいました。自由になる時間も多少できたことから、好きな畑でひねもす過ごすことも多い様子で、少し羨ましいところです。。

ハカセ(地元常滑での呼称)との出会いは、先月上京し katachi 21 主幹笹山 央 氏のネット講座に参加しましたが、この笹山 央 氏が「東君面白いところがあるけど・・・」と連れて行ってくれたところが常滑で、そこの陶芸家吉川ご夫妻のところでマメに家事を手伝っていたのが独身時代のハカセでした。ここでは、先日も特設部屋(未だ僕しか泊まった者がいない♪)に泊まらせてもらい、テニスを四時間も設定してもらった尊敬する大工牧野にも出会うことになります。
 
思い返すとハカセとの関係は、 katachi 21 の主幹笹山 央 氏の研究会も重なり始まった訳ですから優に35年を超すわけです。
 最近つくづく 思うのですが、ハカセや大工牧野、katachi 21 の主幹笹山 央 、そして、ここではその名を出せない友人のような、ピュアで誠実なひとには今後会うことはないだろうなぁと。自分が歳をとったということかも知れません。その行動範囲も限られてきましたし、若い時の様なエネルギーもなくなっています。それ故、そういった素敵な人に出会うこともないだろうから大切にしたいと願うところです。

ハカセに関して一番印象に残っているのは、未だ大工牧野に逗子の新居を建ててもらう前、神武寺という古刹の近くの「サツキとメイ」が暮らしていたような昭和の貸家に住んでいた頃、記憶だと一週間ほど、でも実際は4・5日程だったでしょうか、我が家に泊まりに来たことがありました。終日、我が息子二人(2歳と6歳)の相手を楽しそうにしてくれて、驚いたのは、その間1日も欠かさずフィアンセにラブレターを書いていたことです。
 そして、40年近くたった現在も、その奥方にお弁当を作り続けているのです(二人のお子さんがまだ学生だった頃は、その分までですから自分の分も含めて合計4ッ💦)。これは脅威ですし、ハカセの全てだと僕は思っています。そして僕のなかでのハカセのイメージは以下↓です。そう、孤高です。つまりやるべきことは全力やって、後は大きく期待せず達観しているといった風です。もちろん、ご本人は色々思うところあって、そんな格好よくはないと仰ると思いますが、僕は当たっていると思っています。
いま常滑レポートを読み返してみると、それは日本の伝統工芸と呼ばれる地場産業が、近代化の中でどのように移り変わっていったかが何気ないハカセの日常を切り取ることで伝わってきます。特にハカセ自身は宮仕えの身だったので、僕ら作家の様な自由度はありません。僕と二つ程しか違わないのでバブルも、また、その崩壊による地場産業の空洞化(基幹産業の海外移転)も行政側として経験しています。これは結構消耗したはずです。ハカセが現在畑に❝居る❞のも、そのことが大きかったのではと密かに僕は感じています。つまり癒しです。

先日お世話になった大工牧野さんも、以前の様にパワフルに仕事をすることは難しい様で、テニスを楽しみながら仕事も続けているといった様子でした。老いというものと上手く折り合いをつける歳にお互いなったなぁと感じる今日この頃です。
そして長く続けて来て頂いて気付くことがもう一点、それは送られてくる画像の質が格段に上がり驚くこと然りです。

一年振りの上京で上野の親と叔父の墓参りを済ませ、いつもの様に稲荷町
の宮川江戸刷毛店へ。未だ元気でいらっしゃるかと恐る恐る奥を覗くと、以前
は店先でご主人と仲睦まじく刷毛の毛を揃えていた気風の良い御かみさんが
変わらず作業していた。御年92歳で現役だそうで、ここでも女性は元気だ。
早速絶滅寸前の面相筆を購入。その足で笠間へ。