「100さいのオオサンショウウオ!!」 作:茨木朝日
  Today's image index 2017
 06/24 「がっせぇアート」
地域資源とはⅡ
地域資源とは 
第二回金沢卯辰山工芸工房実践講座 
蓬莱紋合鹿椀
豪雪
新年


  Today's image index 2016
金沢卯辰山工芸工房実践講座 
額田の祭
合宿
茶堂お大師祭
 とと姉ちゃん
flat化する工芸 
地元の漆 
新しい恋愛観
新学期
近況
地域の記憶
彫りと漆 
仕事始め 
元旦


  Today's image index 2015
法花寺
角偉三郎と合鹿椀
 個展終了
個展  SAVOIR VIVRE
DM 
ヨルタモリ
あれもこれも 
 「ほぼ日」すごい!
第三回金浦子供会
乾 漆
第21回「うちげぇのアートおおや 
漆のイベントⅡ
 漆の考古学Ⅱ
現代工芸誌「かたち」
茶堂大師祭
 授業開始
 四月一日
 Go ~~ル!
達身寺
忘れるということ 
夏目漱石と吉本隆明 
漆の実情
地域 
吉本隆明のこと
初詣
元旦 
 謹賀新年

Home index 

essay +column+
2009 --2017
Today's image index

僕の研究フィールドの聞き込みも順調で、先週・先々週と社会福祉施設の理事長を始め、区長、そして、関連する新しいアートスペースとの出会いも重なり、思いもかけない幸運が続いている。中でも福祉施設「琴弾の丘」の作品を扱っているという「オンサルデ」との出会いは、たくさんの学びがあり収穫は大だ。

「オンサルデ」とは、但馬の方言で「いる」つまり「存在する」という意味。単に「いらっしゃる」ということではなく、そして単に存在するという意味でもなく、ハイデガーのいう「現存在=Da-sein」に重なるものと僕は理解している。つまり、「障害者も健常者も同じように実存するということを、是非理解してほしい」というオーナーの思いが込められていると察する。

「さんかく」:「琴弾の丘」の上野さんの作品
幸運なことに、「うちげぇのアートおおや」の一部門とばかり理解していた「琴弾の丘」の知的障害者アートは、実は「オンサルデ」のオーナーが運営するNPO法人 「がっせぇアート」も積極的に扱っているのだ。僕の認識不足で、「がっせぇアート」は、豊岡を拠点とする組織と誤解しており、僕の研究フィールドである養父市にその拠点があることを全く知らなかった。それは、後で触れるが、大屋町の分散ギャラリーさんと、障害者の作品に対する「構え」が違うところからきている。

制作風景
........ 「琴弾の丘」にて
「プライド価格」といういい方がある。それは、まだ、売れていない(それなりに、メジャーになっていない)作家志望の云わば作家予備軍が、展覧会等で自分の作品に、ある意味”盛って”法外な?価格を付けるという在り様のことを指す。
 
何故そうするかというと、マーケットの現実を踏まえた常識的な価格を付けたなら、作家として認知されていない自分の作品は、惨めな低価格を付けざるを得ない。もともと、作った「もの」に、他人の評価基準での「価格」を付けられたら堪らん!という自己保存本能が作家にはある。

貨幣が介在するマーケット(市場)においては、基本的に「もの」には、一般的な意味での「価値(交換価値)」と「使用価値(商品の役立ち≒機能)」がある。職人ではなく、作家という在り様に関係するのは、単なる機能としての使用価値を備えているかどうか(器が漏れずに使えるとか)だけではなく、お金では換えがたい(≒いくらお金を出してもいい)価値をどの位備えているのか(包含しているのか)に己をかけている。つまり、通常のマーケットの在り様に逆立する指向をもつのが作家といえる。

一年がかりで仕上げるそうです
マーケット(市場)の在り様を認めない中で、作家にとっての「値段=市場価値」は、作家そのものの価値とは同義ではない…という意味合いで「プライド価格」が生まれる。これはある意味で正当な態度でもあり、すべてお金に換算されてなるものか…という気構えでもある。

同じことが、知的障害者アート作品に価格を付ける場合にも言える。それは、彼らが就業支援としての作業場で、毎日繰り返される単なる単純作業ではなく、内側から湧き上がるような表現欲求や、その衝動が、表現へとつながる充足感、つまり実存を満たす結果として生まれた作品に「価格」を付けることへの”異和”だ。