Today's image index 2021
 07/26  「人生は廻る輪のように」を読んで 
 「人新世の『資本論』 」を読んで
 Fall in love..... ?
 テニスが楽しい
お洒落をしよう!
 源氏物語原文
 了解
 距離
春の歌
 あれから10年
 コロナと家計
映画っていいですねぇ
 続・筆写スタート
筆写完了
コロナ対応 
 online shop open
Laq-ashikaga
正月
 
 

  Today's image index 2020
 大晦日 
地域の歴史 
足利乾ギャラリー
桐生市有鄰館ビエンナーレ
  加藤諦三
 日本人
web クラス会
生態リズム 
近 況
経済とコロナ禍 
サザエさん
本物が見えてくる.... 
地域資源
セーフティネット Ⅱ
 セーフティネット 
『土曜日のタマネギ』Ⅱ
Pinterest 
 救い 
urushi-art.net 
 夢想しよう
  コロナを整理
コロナストレス解消
 交換社会の逆襲
ゴールデン鶴亀ホーム
江刺 榮一の作品
 小俣中町
工房完成間近
  新年

  Today's image index 2019
工房構築
地域(足利) 
『ヨブ記』
ミシュラン三つ星
残月 
嫌韓
吉増剛造 in 足利
 アート&足利(2)
 アート&足利
 転 居(足利)
第三回厨子展制作現場
 絶対的座標
 源氏物語
 平成
 厨子展へ
 「銀座の金沢」
仔犬の夢を見た
 AFC Asian Cup 2019
迎春
  謹賀新年


 Today's image index 2018
  飛鳥斑鳩
工芸×霊性
徒然に(鎌倉彫とのこと)
常滑レポートとの13年
kitakinki-komonjo.com
修理
金沢CBA商品開発講座 
居なくなるということ 
 2018 FIFA W-CUP
追悼 宮坂 SAVOIR VIVRE  オーナー
秋の個展へ 
お絵描き 
セクハラ
ヨーコさんの言葉
博士課程前期修了
修士論文完成
修士論文執筆中  
謹賀新年
    
   「人生は廻る輪のように」を読んだ。

月一の定期検診のとき限定の本だったので、凡そ二年半掛かって読み終えたことになる。最終章は、臨死体験と死後の世界について驚くような展開をみせてくれたので検診とは関係なく一気に読み進んだ。

読むきっかけは、「日経 woman」に、傾きかけた会社を、離婚を乗り越えて再生させた女性社長を支えた一冊として「人生は廻る輪のように」を紹介していたのをみて。
 ネットで検索すると...... 『逆転の一冊 小巻亜矢「2歳の息子の死に光をくれた本」 「逆境だけが人を強くする」ことを教えてくれた』と紹介されているので、お子さんも亡くされていたとは、何重にも逆境だったことに今更ながら驚きました。
 
   著者のエリザベス・キューブラー・ロスのことは、30年以上前から知っていたし、彼女の著作「死ぬ瞬間」は、生前吉本隆明さんもよく引用していた。なかでも「誕生と死は構造が同じだ」という言い方は、当時とても印象深く記憶している。当時(2000年)の urushi-art.net のコラムでも「暴力の根源について」として結構しっかりと触れていた。

「誕生と死は構造が同じ」を要約すると以下になる........

死を直前に迎えた人間のとる態度に関して、詳細に記述された著書(『死の瞬間』)が評判になった。それによると 、人が癌などの不治の病によって余命がわずかであることを医者から告知されると、一様に共通した反応を示すとある。
 
その反応のパターンとは、まず、衝撃を受け、次に否認、それから怒りと憤りが支配する。ついで抑鬱(準備的悲嘆)、最終受容へと移行するということだ。

同じように誕生は、まず最初外へ送り出されて誕生してしまったということに対して、つまり<なぜ自分はこんな不安な外界に生まれてしまったのか>というような憤りとか後悔の段階。それからもう少し経つと、<もう一度母親と親和の接触を与えてくれたら、生まれた状態を肯定してもいい>という、つまり母との内コミュニケーションを回復させてくれるならば生まれた状態を肯定してもいいぞという取引の段階。もう一つの段階として「致し方無い」という諦めの受容の段階を想定している。
 
一般的に言って、僕らは日常、「生」が是で「死」が非なるものと捉えている。このところ僕は、これはちょっと違う様に感じている。というのも、以前から関心を持ち続けている縄文時代について様々な資料に目を通すと、縄文人は、「死」と「生」は等価なもの、あるいは「死」と「生」と区分けすること自体が無意味と考えていたのではないかと思えるからだ。

ここは、言葉を選びながら述べないと頓珍漢な論述をしてしまうので気を付けなければならないのですが、つまり「死」も「生」も渾然一体となって存在するということが縄文人にとって「この世で生きる」ということだったのではと思えるのです。

僕は、仏師に出自がある鎌倉彫の出身ということもあるし、また生来の臆病故、小さい頃から「死」についていろいろと思い巡らしてしたこともあり、人類が「死」をどう扱ってきたか、そして、どの様に受容してきたか強い関心を持って生きてきた。もちろん、ひとが「居なくなってしまう」ということをひとは終生了解することはないと思う。あわせて、「死」というのは残された者達のもの...... つまり、亡くなった本人には、最早「死」は自覚できないので存在しない(この後、そうでないことに触れます)

環状列石....... 縄文時代、墓地は集落の中央に敷設されていた
この辺の話をし始めると何処まで掘っても尽きない。ただ、日本で言えば死を忌み嫌い「穢れ」として扱う様になったのは、恐らく概ね弥生以降に定住化し、その地で農耕牧畜を始めることで生まれた備蓄と蓄財から「経済」が派生した故と考えていい様に思う。

富の偏りが生まれることで、富むものと富まざるものの格差も生まれ、「失うこと」の恐怖や喪失感、そして「足りないこと」の自覚による無力感と悲しいという感情等、良い意味でも悪い意味でも人間味が深まったと考えられる。そして「死」は、それらの延長線上の総体としての「喪失」のメタファーになった.......。
 
 
   Home index 

essay +column+
2009 --2021
Today's image index

 
 
↑↑   top へ