源氏物語原文書き出し
  Today's image index 2021
 05/06 源氏物語原文
 了解
 距離
春の歌
 あれから10年
 コロナと家計
映画っていいですねぇ
 続・筆写スタート
筆写完了
コロナ対応 
 online shop open
Laq-ashikaga
正月
 
 

  Today's image index 2020
 大晦日 
地域の歴史 
足利乾ギャラリー
桐生市有鄰館ビエンナーレ
  加藤諦三
 日本人
web クラス会
生態リズム 
近 況
経済とコロナ禍 
サザエさん
本物が見えてくる.... 
地域資源
セーフティネット Ⅱ
 セーフティネット 
『土曜日のタマネギ』Ⅱ
Pinterest 
 救い 
urushi-art.net 
 夢想しよう
  コロナを整理
コロナストレス解消
 交換社会の逆襲
ゴールデン鶴亀ホーム
江刺 榮一の作品
 小俣中町
工房完成間近
  新年

  Today's image index 2019
工房構築
地域(足利) 
『ヨブ記』
ミシュラン三つ星
残月 
嫌韓
吉増剛造 in 足利
 アート&足利(2)
 アート&足利
 転 居(足利)
第三回厨子展制作現場
 絶対的座標
 源氏物語
 平成
 厨子展へ
 「銀座の金沢」
仔犬の夢を見た
 AFC Asian Cup 2019
迎春
  謹賀新年


 Today's image index 2018
  飛鳥斑鳩
工芸×霊性
徒然に(鎌倉彫とのこと)
常滑レポートとの13年
kitakinki-komonjo.com
修理
金沢CBA商品開発講座 
居なくなるということ 
 2018 FIFA W-CUP
追悼 宮坂 SAVOIR VIVRE  オーナー
秋の個展へ 
お絵描き 
セクハラ
ヨーコさんの言葉
博士課程前期修了
修士論文完成
修士論文執筆中  
謹賀新年
 
  『 いづれ乃御時にか女御更衣あまたさぶらひたまひけるなかに いとやむごとなき際きわにはあらぬが すぐれて時めきたまふありけり はじめより我はと思ひ上がりたまへる御方がた めざましきものにおとしめ嫉みたまふ 同じほど それより 下臈げろうの更衣たちは ましてやすからず 朝夕の宮仕へにつけても 人の心をのみ動かし 恨みを負ふ積もりにや』........


以前にも触れましたが、吉本さんの『心的現象論序説』に続いて、今芸術新潮『ひらがなの謎を解く』の「古今和歌集」の筆写を続けている。コロナ禍の中にあって、手を動かし古典を筆写するということは、心の安定というか健康に大きく寄与していると思う。

同時に、「ひらがな(女手)」の原典ともいえるので、古文書の解読にも大いに役立ち、お陰で、但馬の古文書講座の先輩(御年90歳?)に戴いた『スペイン風邪(民部省御達し写し)』などスラスラ・サクサク読めてしまう(感謝)🎵
 
  とはいうものの、くずし字辞典をはじめ、古文書アプリ、ネットのデーターベース(ROIS-DS人文学オープンデータ共同利用センター)、その他をフル活用して謎解きゲーム?を楽しんでいる。

世の中ゴールデンウイークとやらで、地方の観光地は、都心から逃げ出した観光客で三密状態とか。。僕は、岡山県の『中華料理 はすのみ』さんでお使い頂いているコースターの修繕も終え、この連休は、古文書の解読に明け暮れようと決めた。

一応、足利歴史探求会の会員として『田崎早雲日誌』のテキストとも睨めっこ(字が汚ねえ;;)。「心」の古字をネット検索していたところ、冒頭の『源氏物語』の文例に行きついた。早雲先生とは雲泥の差で(日誌なので仕方ないが...)、まるで藤原行成の様に流麗で美しい。うっとり

藤原行成筆
今日で連休も終わり、予想通り観光地は馬鹿混み状態の様子。そりゃそうだ、首都圏だけ緊急事態宣言を敢行すれば、皆さんコロナを地方にしっかり運んでくれる。2週間後どういう事になっているのか...... もう笑うしかない。

人類は、おおよそ15000~10000年前から定住し始めた。人口密度が低かったとは言え、人は一年も二年も対面でのコミュニケーションを避けるように出来てはいない。だから、ロックコンサートや伊勢参りに昨年の75倍の人が押し寄せるって、ある意味まともだと思う。仕方がない。オリンピックも止められないとしたら、ここはもう、ワクチンでの抗体を作るより、感染で作る方を人々は選んだと腹を括るより他ない。

僕のGWは、人生で一番充実していたと言ってもいい位で、『源氏物語原文』や『古今和歌集』、そして古文書『異国船渡来』他を筆写も兼ね読み耽っていた。

《日野切千載集》...........藤原俊成筆
上の文書は、平安時代(12世紀)の《日野切千載集》で、筆者は、藤原俊成。

芸術新潮の解説者・石川九楊氏によると、史上七番目の勅撰和歌集(天皇の命で編纂された歌集)である《千載集》に、選者として藤原俊成が登場し、この奇怪な癖字とされてきた「突き」や「返し」の連続である「日野切」様式が表出されたということ。

石川氏によると、この藤原俊成の筆遣いというか、表現は、没我というか匿名性として続けられてきた「ひらがな」が、歴史上初めて実名の存在として自らをあらわにした革命的な書だという。確かに、近代的なアート観として見ると非常に個性的だ。好き嫌い、良い悪いは別にして、一度目にしたら二度と忘れない表現だと思う。

氏は続ける...... (「突き」や「返し」の連続で尖がるわけですが)、これは単に形が尖がるだけではなく、グッと紙の奥、向こう側に力が加わったということでもある。つまり向こう側を知り、そのことによって自分の姿をも認識し、そして次に進もうとする書がここにはある。
 
藤原行成筆
   
   Home index 

essay +column+
2009 --2021
Today's image index

 
 
↑↑   top へ