Today's image index 2024 
05/04 個展DM 
02/03  身近な医療機器
01/03 元旦
謹賀新年 
 
 
 
 
 
 
 Today's image index 2023 
12/02
個展再開(この十年を振り返る)
コロナ禍と制作
 心について 
 インクルーシブアート
恋愛の型 
(恋愛における絶対的関係性について)
 日本の俳優(主に邦画) 
 『霧のむこうのふしぎな町』
追悼 坂本龍一 
坂本龍一の今
 アップサイクル
追記
SAVOIR VIVRE の遺したもの
 SNSの終わり
 謹賀新年

 Today's image index 2022
SNSの終わり
シエンタ セルモーター OH
 アンチエイジング
 くしゃみ😪
 中秋の名月
梅雨明け 
 墓参り
徒然に 
 韓国ドラマ 
パンデミック
 追悼・石原慎太郎
  白川静と「狂」

  Today's image index 2021
 白川静と「狂」
彫り三昧
嵐の前の静けさ 
アンドリュ-・ワイエス
  COVID-19 2nd ステージ
「人生は廻る輪のように」を読んで 
 「人新世の『資本論』 」を読んで
 Fall in love..... ?
 テニスが楽しい
お洒落をしよう!
 源氏物語原文
 了解
 距離
春の歌
 あれから10年
 コロナと家計
映画っていいですねぇ
 続・筆写スタート
筆写完了
コロナ対応 
 online shop open
Laq-ashikaga
正月

 Home index 

essay +column+
2009 --2024
Today's image index
ようやくDMの作品の撮影が済みデータを前橋のギャラリー君香堂さんに送った。本来なら blog の方へ書き込みたかったのですが、アップできる画像の拡張子とかが三種しかなく不便なので、時間も余裕もないのでこちらに戻った。
コロナもあって本格的な個展は十年振り。そういえば前回の個展は学生だった。十年一昔とはよく言ったもので、この十年で自分の個展の拠点だった六本木 SAVOIR VIVRE もクローズしてしまった。そして、既にオーナーも店長も鬼籍に入られた。
君香堂さんとのご縁は、ギャラリー仲摩さんの紹介による。前橋が、今アートで地域振興に力を入れていることはメディアを通して知っていたし、その流れもあって去年群大の「インクルーシブアート」講座にも参加していた(講座は期待外れだったが)。こういった背景は、無意識には背中を押す。

今回、年齢もあると思うし個展が久方振りだということもあるのだろう、以前なら面倒な漆作業の段取りや下地の作業は面倒なだけで好きではなかったものが、意外に楽しくやれている。こういったことは初めてのこと。今も何の作業が一番好きかと聞かれたら「デザインを起こしているとき」と応える。新しいものを構想しているときが一番充実感があるのは変わらない。でも、こうして手を動かして漆工芸に携わるのも、あと何年出来るのかを考えると、下位に見て来た下地や磨ぎという派手さの全くない表に出ない作業が愛おしく感じる。
面白いのは、久し振りに漆塗りの作業特に上塗りをとると大抵失敗するのだが、今回は漆の乾きや色味がイメージ通りにつかめているから不思議?

上の↑椿の古木の幹にふく地衣類(コケと菌)だが、以前はブロンズ粉を蒔いて緑青をふかせた。これでもいいのだが、剥がれやすいし色味も変化しやすい。なので、今回は日本画の岩絵の具や金属粉を使ってみた。意外にいい感じ。これから膠も使ってみたいと思っている。
自分に残された時間が余りないことも自覚しているので、細かな拘りもさくっと吹っ飛ばす。神経質になったところで、結果は大して変わらないのでどんどん先に進む。これ気持ち好い。

十年の時は大きい。自分も自分の周りも大きく変わった。コロナも悪くない。