中也詩椀

「菜の花畑で・・・・・」 「風にふかれて・・・・」
φ17 × h 11 (cm)

中原中也は、一番好きな詩人です。中でも『春と赤ン坊』そして『雲雀』は、悲しみも喜びも突き抜け、傷つきやすい作者の心を抽象的なまでに昇華させ無化しています。そして、その詩情は更に僕らの魂の奥く深くまで響いてきます。
 

漆は粘度が強いので文字を書くのにはあまり適さない素材です。でも、どうしても中也の詩は書いてみたかったので、そのワンフレーズを一気に椀に描きました。

この椀は、とても人気があって、伊豆山の旅館蓬莱様を始め多くの方々に使っていただいています。感謝。

春と赤ン坊


 
雲 雀


 

 菜の花畑で眠つてゐるのは……
 
 菜の花畑で吹かれてゐるのは……
 
 赤ン坊ではないでせうか?
 

 
 いいえ、空で鳴るのは、電線です電線です
 
 ひねもす、空で鳴るのは、あれは電線です
 
 菜の花畑に眠つてゐるのは、赤ン坊ですけど
 

 
 走つてゆくのは、自転車々々々
 
 向ふの道を、走つてゆくのは
 
 薄桃色の、風を切つて……
 

 
 薄桃色の、風を切つて
                                    しろくも
 走つてゆくのは菜の花畑や空の白雲
 
 ――赤ン坊を畑に置いて
 
 ひねもす空で鳴りますは
 
 あゝ 電線だ、電線だ
 

 
 ひねもす空で啼きますは
                  ひばり め
 あゝ 雲の子だ、雲雀奴だ
 

 あーを  あーを
 碧い 碧い空の中
                 もぐ
 ぐるぐるぐると 潜りこみ
 
 ピーチクチクと啼きますは
 
 あゝ 雲の子だ、雲雀奴だ
 

 
 歩いてゆくのは菜の花畑
 
 地平の方へ、地平の方へ
 
 歩いてゆくのはあの山この山
 
 あーをい あーをい空の下
 

 
 眠つてゐるのは、菜の花畑に
 
 菜の花畑に、眠つてゐるのは
 
 菜の花畑で風に吹かれて
 
 眠つてゐるのは赤ン坊だ?